エアコンのホコリ対策をした話

エアコンのシロッコファンのネジがサビついて
外れないので完全分解掃除は諦めて、 フィルターで全体を覆いました。


Sponsored Link

試運転で外にカビの胞子を吐き出す


半年ぶりにエアコンを起動しました。
ならし運転として中のカビの胞子などを吐き出します。

45リットルビニール袋を2枚筒状に張り付けて
エアコン吹き出し口にガムテで固定して
窓の外へ排出する形にしました。
排気が窓から入って来てしまうので
下もビニールで覆いました。
使い終わったビニール袋はゴミ袋として再利用します。
もっと効率のいい方法はないのかなと思いますが。
エアコンの試運転でカビの胞子1を排出

エアコンフィルター

東和産業株式会社の
「NewAC エアコンフィルター 3枚入り」
ブランド名?「AERO Clean」、品番「90179」、
というフィルターをホームセンターで買いました。
去年買って、半分余っていたので今年も使います。
東和産業株式会社のNewAC エアコンフィルター
去年から付けて放置してましたが、
結構優秀で、外した後エアコンの中を覗き込むと、
中に全然カビやホコリが新たに発生していませんでした。
毎年、エアコンの中がカビまみれになるのですが。
AERO Clean><br>

サイズが、40cm×80cmが3枚。
<br>エアコンを丸ごと覆えないのが残念。
<br>吸気口のみを覆うことを想定している商品なので当たり前ですが。
<br>次買う時は、全体を覆えるようなサイズを探してみます。
<br>素材自体は、ポリエステル70%、レーヨン30%で、
<br>付属のテープファスナーがナイロン製です。
<br><img src=
大和紡績(株)と信州大学の産学共同開発した
人口酵素による抗菌防臭繊維で、
アレルキャッチャー®とかいう登録商法らしいです。
マルRが付いているので。
ダニの死骸やフン、ペットの毛やフケ、
花粉、カビ、などのアレル物質をや、
ホルムアルデヒドを吸着して分解するらしいです。
よくわかりませんが。
アレルキャッチャーの詳細
不織布(ふしょくふ)がハウスダストを捕獲し、
黄色ブドウ球菌などの雑菌の繁殖も防いでくれるらしいです。
アレルキャッチャーの効果
テープファイスナーと言う小さい両面テープが付いた
マジックテープのようなものが18枚付いているので、
エアコンに張り付けて、フィルターの不織布を
くっつけるしくみです。
エアコンフィルターの貼り方
テープファスナーが18枚入ってますが、
小さいので足りない印象です。
両面テープは結構強いのでたぶん一度貼ると
剥がすのが大変かと思います。
テープファスナーの貼る位置
中身です。水色のフィルターが3枚と
小さいテープファスナーが18枚。
吸気口だけなら1枚でピッタリのサイズ。
1年ごとに取り換えれば3年使えます。
私の場合は排気口も覆おうとしているので、
さらに3分の1枚使います。
エアコンフィルターの中身とテープファスナー

エアコンにフィルターを付ける

エアコンです。
一度分解を試みて諦めたのでいろいろ外れてます。
前面カバーは飾りなので邪魔。
ルーバー(起動すると開く羽と左右の風向き調整の羽)も
ホコリが溜まるだけで邪魔なので外してます。
上下ルーバーは起動時に開くためのモーターまで
外すのがめんどうなので(外し方も忘れた)外さない方が
いいかもしれません。
ドレンパン(水滴を受ける皿)は無駄に複雑な構造をしている上に
発泡スチロールで出来ているので壊れやすくて
戻せなくなるのでもう分解したくない。
エアコンのルーバー取り外した後
テープファスナーを貼っていきます。
明らかに枚数が足りないので
足りない部分はガムテで対処しました。
吸気口だけなら足りるかもしれませんが、
ファスナー同士の間がザル状態になるのが 少し心配。
テープファスナーを実際に貼った図
まずは吐き出し口にフィルターを付けました。
たまたまルーバーを外していたので、
ここに貼ることができましたが、
ルーバーがある場合は通常貼れないので、
吸気部分だけに貼ればいいと思います。
応急運転ボタンには被らないようにハサミで
少しカットしています。
運転とタイマーのランプもガムテを重ねないようにしてます。
リモコンの受光部はガムテをしても受信してくれてます。
ルーバー位置のエアコンフィルター
吸気部分にも貼りました。
去年1年間使って1つ残念な点が、
ガムテで貼るとだんだん剥がれてきます。
不織布の繊維がガムテに密着しないみたいで。
あと、エアコンを長く付けていると、
若干湿ってきます。
ひどいときは水滴が垂れることがある。
ただ、抗菌を謳っているだけあって
ニオイやカビは生えませんでした。
吸気口に貼った不織布
吸気口だけに貼るならエアコンサイズにも
よると思いますが、特にカットする必要がありませんでした。
排気口はタテに3分の1ぐらいにカットするとちょうどいいぐらい。
ガムテが剥がれる問題があるので、
エアコンを丸ごと覆ってしまうぐらいのサイズのものを
今度ホームセンターなどで探してみようと思います。
全体を覆った後ヒモかゴムで縛ってやろうと考えている。
大きいサイズのフィルターがなければ、
2枚をザックリと縫い合わせるか、
ガムテごとパンチで穴を開けてタコ糸で結ぶなどしたい。
エアコンフィルターで全体を覆った図
気温が暑い時期になるまで、
ビニールを被せてホコリが積もらないようにしました。
ガムテで固定しているが、
何か棒をビニールの先端にオモリとして付けて
乗せても落ちてこない形にしたい。
エアコンのハウスダスト対策