免許更新の優良講習行った(コロナ禍)

20/12/21 更新
 デフォルトで画像を非表示にしています。


Sponsored Link

免許更新のハガキが届く

 20年10月時点で、更新ハガキには、新型コロナの影響で、
「有効期限が1ヶ月未満の方に限らせていただきます」
とのこと。

 ハガキには小さい文字で書いてあるので、見落とす人もいると思う。


 また、
 「経由更新、持参写真での更新は中止しています」
 「発熱している場合やマスクを着用していない場合は、入場をお断りする場合があります」
とのこと。

 ※経由更新‥ゴールド免許かつ、誕生日前の1ヶ月の間なら住所地以外の都道府県で更新ができる制度。

 ハガキの表面には、
有効期限が1か月未満の方のみと書いてあったのに、
裏面には、「更新期限」は2ヶ月分書いてあってまぎらわしい。

 更新場所は、「試験場」「免許更新センター」「指定警察署」の3種類。
 「指定警察署」の場合は、平日のみで、優良運転者のみ。

 持ち物は、「運転免許証」「手数料」「ハガキ」

警視庁のHP見てみる

 20年10月時点で、警視庁のHPを見てみると、
 
 「免許の有効期間の延長手続きを行っていない方」の
 更新場所は、
運転免許試験場(府中、鮫洲-サメズ、江東)のみになります」
とのこと。

 11月時点では、その制限がなくなっていました。
 「1日に実施可能な定員に達した場合は、受付できなくなります」 とのこと。
 整理券を配布している所もあるそう。
 また、子供の同伴もできないとのこと。

 各更新センターや警察署の直近の混雑状況もPDFで公開されており、
 定員に達して、受付を断った日もあるそうです。

 コロナ禍における、飲食店の時短営業要請や鉄道の終電繰り上げもそうですが、人数制限を行ったら、かえって別の時間帯に人が集中して混雑する気がするので、個人的に意味あるのかな?と思います。

警察署で免許更新してくる


 警察署に免許更新に行きました。


 1Fから入ると、免許更新は2Fと案内しているオジサンがいたので階段で2Fに登りました。


 2Fに登ると「受付」があり、更新ハガキ古い免許証を提示するよう言われました。
 ハガキは返却され、免許証は「免許更新申請書」にクリップ留めされました。


 受付の横のテーブルで「免許更新申請書」に氏名/生年月日/電話番号/申請日を書きます。


 さらに裏面の質問票に過去5年間で
「意識を失ったことがあるか?」
「体が動かせなくなったことがあるか?」
「アルコール依存症か?」
などの計5つの質問にチェックを入れます。


 記入した申請書を再び受付に出してチェックしてもらうと、 古い免許証に穴を空けられ、続いて「暗証番号」の設定のブースに行くよう言われました。


 暗証番号作成ブースに専用の端末があります。


 端末のタッチパネルの登録カード作成を押します。


 タッチパネルで2種類の任意の4ケタの番号を入力します。


 入力が終わると登録カードという「暗証番号」が書かれた紙切れが出てきます。


 登録カードは、次の「手数料」ブースで提出しますが、その後、返却されました。係員がバーコードを読み込んで、あとは自分で保管するという形だと思います。


 手数料ブースへ行き、「申請書」「暗証番号登録カード」を見せて「3000円」を支払います。


 領収書も貰えます。
「更新申請手数料2500円」「優良講習手数料500円」だそうです。


 続いて視力測定ブースへ行きます。
 緑色の機械の中を覗き込んで、C(ランドルト環)が見えるので、その向きを答えていきます。
 それほど小さいのは出されずに3回ぐらいで終わります。
 自信なさげに言うと5回ぐらいやられます。

ビデオ講習


 続いて免許証の写真撮影を行うので、椅子に座って順番を待ちます。


 奥にある部屋にカメラがあり一発撮りされます。


 写真撮影のブースで申請書が回収されます。


 申請書から運転免許交付通知書(引換券)だけ切り離されて渡されます。
 クリップで留められていた「登録カード」も返却されます。
 冊子の入った封筒も渡されます。


 あとは別室で行われる講習の時間まで座って待ちます。


 講習は、10分の入れ替え時間を挟み、30分間行われます。
 場所によって違うと思いますが、ラストが16:30でした。
 写真撮影などの手続きの時間を考えると、最低でもその15分前には来ていないとダメだと思われます。
 16:30の3分前とかに受付しても無理だと思われます。


 時間になると講習室に入れます。
 最初の5分ぐらいで、係員が、道交法のここが変わりました的な話をいくつかして、その後20分ぐらいビデオを見て終わりです。


 冬でしたがコロナ対策で扇風機が回っていました。
 換気の効果でコロナ感染が減るそうです。


 写真撮影の後、渡された封筒に教材となる冊子が入っています。


 「わかる身につく交通教本」「安全運転のしおり」という冊子をビデオを見ながら指定箇所を適宜参照します。


 ビデオを見終わったら、係員が運転免許交付通知書(引換券)に書かれた「照会番号」を読み上げるので、呼ばれたら前に行き、新しい免許証を受け取って、終了です。
そのまま帰ります。

以上です。