Y!mobile初期登録と「Y!mobileメール」について

20/07/01 更新

 「Y!mobileの初期登録」と「Y!mobileメール」のあれこれ。

 目次
マイワイモバイル へ
初期登録
初期登録「解除」
Y!mobileメールの変更
MMSメールの変更
メールアドレスの構造
Y!mobileのメールの種類
「メアド」や「電話番号」でYahoo!にログインする
ログインに使えないパターン
Y!mobileメールの送信先
Yahoo!メールアプリ


Sponsored Link

マイワイモバイル へ


 → My Y!mobile ホーム
 → Y!mobile メニュー


 「ワイモバイル」で検索。
Yahoo!検索ワイモバイル
 「My Y!mobile」で「電話番号」「パスワード」を入力し「ログイン」。
My Y!mobileログイン画面
 左側メニューの「アカウント設定」欄までスクロールします。
My Y!mobileトップ画面

初期登録

 「初期登録」で「Yahoo!IDとの連携」と「Y!mobileメール」の登録を行います。


 「Y!mobileサービスの初期登録開始」をクリック。
Y!mobileサービスの初期登録開始
 「Yahoo!IDはお持ちですか?」→「はい
 (無ければ、「いいえ」から「新規作成」していきます。)
Yahoo!JAPAN IDはお持ちですか?
 「ログイン」します。
Yahoo!JAPANログイン画面
 希望する「Y!mobileメールアドレス」を入力。
Y!mobileメールアドレスの作成
 「Yahoo!IDの連携」と「Y!mobileメアド」の登録が完了。
Y!mobileサービスの初期登録完了
 「初期登録」は以上です。

初期登録「解除」

 別の「Yahoo!ID」に登録し直す時などに、「初期登録」を「解除」します。


 「Y!mobileサービスの初期登録解除」をクリック。
Y!mobileサービスの初期登録解除メニュー
 「連携解除」をクリック。
Y!mobile電話番号とYahoo!JAPAN IDの連携解除ボタン
 「連携解除が完了しました。
連携解除が完了しました。

 「Yahoo!ID」の

ログイン方法」が「電話番号」、かつ
パスワード」が「無効」になっている状態で、

 「ワイモバイル」連携を「解除」すると、

ログイン」できなくなる可能性があるので、

パスワード」を「有効」にするか、
連絡用メールアドレス」を正確に設定しておくことをお勧めします。


 「ログイン方法」や「パスワードの設定」は、「Yahoo!JAPAN」トップの「登録情報」から確認できます。
Yahoo!JAPANトップの登録情報

●確認方法
・「パスワードの有効/無効」の確認方法
「Yahoo!JAPANトップ」→「登録情報」→「ログインとセキュリティ」タブ→「パスワード」

・「連絡用メールアドレス」の確認方法
「Yahoo!JAPANトップ」→「登録情報」→「登録情報の編集」タブ→「パスワード」→「メールアドレス」の「詳細」→「連絡用メールアドレス」

Y!mobileメールの変更

 「Y!mobileメール」欄の「メールアドレスの変更」をクリック。
Y!mobileメールアドレスの変更
 希望する「Y!mobileメールアドレス」を入力。
Y!mobileメールアドレスの変更の入力欄
 「同意のうえ変更する」をクリック。
メールアドレスの変更・確認、同意のうえ変更する
 「注意事項」として、
「変更後」は「24時間は、再変更できない」とのこと。
Y!mobileメールアドレス変更の注意事項
 変更完了です。
メールアドレス変更完了ソフトの設定
 「Yahoo!メール」と「Y!mobileメール」は「別物」なので、
 「Yahoo!メール」だったら、誰かがとっくに「取得済みの文字列」でも取得できることが多い。

MMSメールの変更

 「SMS/MMS」欄の「メールアドレス変更」をクリック。
SMS/MMSメールアドレスの変更
 「S!メール(MMS)」の「確認・変更」をクリック。
MySoftBankメール管理MMS確認・変更
 「SNS認証コード」を入力します。
MySoftBankセキュリティ番号を入力して下さい。
 「希望のメアド」を入力して、「MMS」のメアドを変更します。
   (変更は24時間に3回まで)
MySoftBankメールアドレスの変更

メールアドレスの構造

 「メールアドレス」の「@」以前を「ローカル部」、以降を「ドメイン」と呼びます。

メールアドレスの構造


 「ドメイン」は「.」(ドット)で区切られ、通常、「メールサーバ」「組織名」「組織種別」「国・地域コード」と続きます。

 特に、右端から順に、上図を例にすると、「地域コード」を「トップレベルドメイン」と呼び、「組織種別」を「セカンドレベルドメイン」、「サードレベルドメイン」・・・と続く。

 「組織種別」は「co」(企業)、「ne」(ネットワークサービス)、「ac」(大学)、「go」(行政)、「or」(任意団体、~法人の類)などがあります。

Y!mobileのメールの種類

 →  Y!mobileのメールアドレスってどうなるの?|乗り換えガイド
 → Y!mobile メールについて

「~@yahoo.co.jp」
・名称は「Yahoo!メール
・「ローカル部」の文字列はYahoo!ID(@以前の文字列)
フリーメールアドレス
・Yahoo!IDの新規登録時に誰でも取得可

「~@yahoo.ne.jp」
・名称は「Y!mobileメール
Yahoo!IDではない(@以前の文字列)
・Y!mobileユーザー特典としてのメールサービス
・「Y!mobile初期登録」時に取得
・「ブラウザ」の「Yahoo!メール」から使用可
・「Yahoo!ID」と「連携」(ログイン)して使用 。
・元々「Yahoo!BB」会員向け「@ybb.ne.jp」メールサービスが派生

「~@ymobile.ne.jp」
・名称は「MMS
Yahoo!IDではない(@以前の文字列)
・「MMSキャリアメール
・ワイモバのSIMカード挿入のスマホの「Yahoo!メールアプリ」から使用
・Yahoo!IDとの「連携」機能はない

・過去のMMSメール(SoftBankにより買収)
2003年まで J-PHONE「@jp-◯.ne.jp」
2006年まで ボーダフォン「@◯.vodafone.ne.jp」
2014年まで ウィルコム「@pdx.ne.jp」「@willcom.com」
      イー・モバイル「emobile.ne.jp」


「メアド」や「電話番号」でYahoo!にログインする

 「Y!mobile初期登録」後は、
Y!mobileのメアド」や「電話番号」でも、「Yahoo!JAPAN」にログイン可。

  連携している(紐づけた)「Yahoo!ID」の代わりにログインできるだけで、「メアド」や「電話番号」自体が、「Yahoo!ID」になったわけではないので注意。


 「Y!mobileメールアドレス」でもログイン可。
Y!mobileメールでログイン
 「電話番号」でもログイン可。
電話番号でYahoo!JAPANにログイン

  「Yahoo!JAPAN」と「マイワイモバイル」へのログインは、どちらも「電話番号」が使えるが、「パスワード」はそれぞれ別物なので注意。

 「マイワイモバイル」にとっての「電話番号」は、「代わり」ではなく、それ自体がログインID。
MyY!mobileとYahoo!JAPANの電話番号ログイン比較

ログインに使えないパターン


  「MMS」(@ymobile.ne.jp)は、「Yahoo!ID」と「連携」機能がないため、「Yahoo!JAPAN」へのログインには使えない。
Yahoo!JAPANにMMSでログイン

  「Y!mobileメール」の「ローカル部」(@以前の文字列)のみでログインは、
Y!mobileメールのローカル部でログイン

  「フリーメール」(@yahoo.co.jp)と違い、「Y!mobileメール」の「ローカル部」自体は「Yahoo!ID」ではないので、エラーが出る。
Yahoo!IDログインエラー
 (大昔に誰かが所得した「Yahoo!ID」でログインできない、あるいは未登録のIDとしてエラーが出る。)

Y!mobileメールの送信先

  ブラウザの「Yahoo!メール」は、送信者を「フリーメール」と「Y!moblieメール」で選択可。
Y!mobileメール作成
 「Y!mobileメール」(@yahoo.ne.jp)宛てに「送信」してみる。
Y!mobileメール宛てに送信
  届いた「Y!mobileメール」(@yahoo.ne.jp)は、
フリーメール」(@yahoo.co.jp)と同じ、「受信箱」に届く。

  (「設定・利用規約」→「メール設定」→「フィルタ」から無理やり2つを振り分けることは可能。)
Y!mobileメールの受信
 送信先を「フリーメール」(@yahoo.co.jp)と
「Y!mobileメール」(@yahoo.ne.jp)で間違えると、
 「co」と「ne」だけの違いだが、
Y!mobileメールとフリーメールの混同
 当然、両者は別物なので、送信エラー(Failure Notice)で届かない。
Yahoo!メールのFailure Notice

Yahoo!メールアプリ

 スマホでは、「Yahoo!メール」アプリを使えば、
Yahoo!メールアプリアイコン
 「Yahoo!メール」「Y!mobileメール」「MMS」「SMS」を一元管理できます。
Yahoo!メールアプリトップページ
 「Google Play」などからインストールできます。
Google PlayのYahoo!メール