個人的においしいトマトの特徴

個人的においしいと思うトマトの特徴について。


Sponsored Link

個人的おいしいトマトの特徴

①「形がデコボコしていない」
 形がきれいな楕円形で、デコボコがないトマトはおいしい。
 デコボコしているからまずいという根拠はないが、
 経験則としてデコボコしているのは、
 トマトの味がしないし、風味がない。汁っぽい。
 手塩に掛けて育てたか、放置されていたかの違いかもしれない。

②「表面にザラザラや黒ずみがない。」
 表面に白い斑点みたいなシミや黒ずみ、
 触った感じがザラザラしていないトマトはおいしい。
 なめらかなきめ細かいザラザラ感はどのトマトにもあるが、
 表面が一様でなく引っかかるようなザラザラ感のトマトは、
 表面の皮も分厚く硬くなっている。
 そのくせに中身は汁っぽくて密度がない感じ。

③「硬さが一様である」
 触った感じの硬さが場所によって違っていたり、
 熟し方がバラバラ。
 部分的に青いのに、部分的に完熟しているのは、
 味も良くないし、完熟度合がバラバラで食感が悪い。

④「色合いが良い」
 おいしいトマトは熟しても熟す前でも鮮やかな色をしている。
 まずいトマトは薄い赤色、おいしいトマトは
 鮮やかな濃い赤色をしている。
 鮮やかな色のトマトは風味や味もある。
 薄い色のトマトは、気持ちの悪いすっぱさや
 薬品のような変なにおいがする。

その他おいしいとされるトマトの特徴

おいしいトマト
⑤「ヘタの部分がきれいなもの」
 ヘタがしっかり残っているトマトもあまりないし、
 完熟しているとヘタがしなびてくると思うので、
 個人的にはよくわからない。

⑥「トマトの尻の部分に白い線」
 トマトの尻の部分にスターマークと言う白い
 放射状の線が濃く出ていると甘いトマトらしいです。
 個人的にはよくわからない。

⑦「重さがあるもの」
 重さがしっかりあるものがおいしいらしいです。
 どれも重さは同じ気がするのでよくわからない。

個人的まずいトマト

①「安さを売りにしているスーパーのトマト」
 安さを売りにしている店のトマトは総じてまずい。
 野菜に対するこだわりがなさそうな品揃えの店、
 野菜のレパートリーが単調で売れやすそうなものしか
 置いてないスーパーのトマトはまずい。
 特に西友のトマトはまずい。

②「無造作に袋売り、箱売りしてるトマト」
 無造作に放り込んだ感満載の袋売り、
 大きさがバラバラで1箱9個入りで販売している
 箱売りトマトはまずくてハズレが多い。
 売れ残ってない段階のバラ売りかパック売りは
 おいしいトマトが多い。

③「北海道産のトマト」
 北海道には申し訳ないが、
 北海道産のトマトがおいしいと思ったことがない。
 佐賀、愛知産がまぁまぁ、
 熊本産はものによるがおいしいトマトが多い。
 あくまで個人的見解。

④「よくわからない品種のトマト」
 カゴメが売っている「高リコピントマト」、
 「サラダプラムトマト」、「「ラウンドレッド」とか、
 攻めてる名前のトマトはあまりおいしくない。
 「カンパリトマト」という小さい品種のトマトも
 個人的に皮が分厚くておいしくない。

個人的トマトの良いところ

①「スペースを取らない」
 白菜やレタスのように、茹でると小さくなるくせに、
 生ではスペースを取る野菜と違い、
 密度が高いので、たくさん買っても、
 ビニール袋に入れておけばスペースを取らない。

②「調理しなくてもいい」
 ナスやキャベツを丸かじりするのは大変だが、
 トマトは丸かじりで食べやすい。
 冷蔵庫から出して、軽く洗ってから、
 包丁もまな板も鍋も使わず、そのまま丸かじり
 するだけなので、調理の手間がない。

③「おいしい」
 きゅうりをドレッシングなしで食べるのは
 結構つらいが、おいしいトマトは味や風味が濃いので
 何もつけずにそのまま1つの料理として食べられる。

④「割と水っけがあってのどが乾かない」
 パサパサ感がなく、たくさん食べても喉がかわかない。

⑤「割と栄養価が高い」
免疫効果を高めるβ-カロテン、
コラーゲンの生成を助けるビタミンC、
抗酸化作用のあるリコピンやビタミンE、
血圧を正常に保つカリウム、
お通じを整える食物繊維など、
栄養価の高い野菜として知られています。

アニメ「美味しんぼ」の緑健農法

アニメ「美味しんぼ」では、緑健農法で育てた
トマトがもっともおいしいと紹介されていました。
緑健農法で育てたトマトを食べた海原雄山が
美食倶楽部で扱うことを決めたほどなので
相当おいしいのでしょう。
緑健農法(永田農法)は、比較的痩せた土地が
原産の野菜をビニールハウスで水分量や肥料を
通常よりも少なく調整し、土は痩せたものや
砂利などを使用することで、より厳しい環境で
育てられ、本来の生命力を生かしたおいしい
野菜が育つとする農法です。
アニメ「美味しんぼ」ではトマトの原産の
アンデスの地形を参考にして育てていると言っていました。
特に山岡さんがトマトの旬は冬だと言っていることには驚かされました。