flvmdiguiでFLVファイルの壊れたメタデータを直す

正式名「FLV MetaData Injector」。
FLV動画ファイルのメタデータを追加したり修復してくれるツールらしいです。
インストール不要で使用できます。

kakorokuでDLしたFLV動画の映像が出ない時

kakorokuでDLしたニコ生の動画が「音声があるが映像が出ない」
ということがまれにあります。
mdiguiでメタデータを修復すると映像が出るようになることがあります。
私も何度かkakorokuでDLして映像が出なかったFLV動画を
mdiguiに通すことで正常に映像が再生できるようになったことがあります。

mdigui後、windows Media Playerでは再生できないが、
他のVLCプレイヤーなどでは再生できるということもありました。

音声だけ出ない場合は、動画編集ソフトで
最初のシークバーが飛ぶ秒数だけカットすると直ることが多いです。

mdiguiでメタデータを修復する

デスクトップ上に、kakorokuでDLした
音声はあるが映像が出ないなどの壊れたFLV動画ファイルがあるとします。

mdiguiを起動します。

起動するとこのような画面になります。
ちなみに画像の「All files in a folder」を押すと、
フォルダ内の全てのFLV動画のメタデータを修復できますが、
私の低スペックのPCだと毎回固まるので使いません。

「Input FLV file」の欄に先ほどのFLVファイルをドラッグすると、
修復したいFLVファイルのパスが自動で入力されます。

「Input FLV file」の欄のパスをコピーして 「Out FLV file」に貼り付けます。
出力先のパスの指定になります。
上書きしたくないなら末尾に適当に 「_mdi」とでも付けておきます。
右下の「Run FLVMDI」を押すとスタートします。

メタデータの修復が終了するとこのような画面が出るので 「Close」を押します。
私のPCだと10秒ぐらい「応答なし」で固まった後、 この画面が出ます。

デスクトップ上にメタデータを修復後のFLVファイルが生成されています。

映像が出るようになりました。
手元にメタデータが壊れたFLVファイルがないので
ビフォーアフターを載せることができませんが、
kakorokuでDLして映像が出ないFLVファイルを mdiguiで直すことがよくあります。