メルカリ便コンビニ別の発送手順

20/08/29 更新


「ゆうゆうメルカリ便」→郵便局、ローソン
「らくらくメルカリ便」→ヤマト、PUDO、ファミマ、セブン です。

 目次
ローソン・ミニスト
スマリボックス(ローソン)
ファミマ
セブンイレブン
サンクス
郵便局
ヤマト営業所
PUDO(プドー)


Sponsored Link

ローソン・ミニストップ

 ローソンに行きます。
LOWSONスリーエフ
 マルチメディア端末「Loppi」を探します。
マルチメディア端末(Loppi)
 「Loppi専用コードをお持ちの方」を押します。
Loppi専用コードをお持ちの方
 「お持ちのバーコードをかざして下さい」
お持ちのバーコードをかざして下さい
 タッチパネル下の「バーコードリーダー」が青白く光ります。
Loppiバーコード読取機
 「ゆうゆうメルカリ便」のQRコードをかざします。
画面の明るさを最大にすると一発で読み取れます。
バーコード読取機にスマホ翳す
 「荷物のサイズは店舗では計測しません」
 「郵便局で計測後確定します」
 「取扱い可能サイズを超える場合は、荷物は返送されます」
  とのこと。
荷物のサイズは店舗では計測しません
 確認画面になります。
 問題なければ「発行する」を押します。
Loppiのe発送サービス
 レシートの発券中です。
レシート発券
 「e発送サービス発送申込券」が発券されます。
 これを持ってレジに並びます。
e発送サービス発送申込券
 発送する荷物と「発送申込券」をレジに出して、メルカリの発送をお願いします。
発送する荷物と「発送申込券」
 「発送申込券」をバーコードリーダーで読み取られます。
ローソンレシート読取
 ビニールの「伝票納入袋」を受取ります。
伝票納入袋
 「納入袋」の裏面はシールになっており、荷物に貼り付けられるようになっています。
伝票納入袋のシール面
 「納入袋」を荷物に貼り付けます。
伝票納入袋の貼付け
 続いて「配送伝票」を受取ります。

 「伝票」は上から「A郵便局控え」「B荷物貼付用」「C料金後納差出票」で3つ折りにできるようになっています。
配送伝票
 「A郵便局控え」が一番上に来るように3つ折りにして「納入袋」に入れて店員に渡します。
配送伝票と納入袋
 「お客様控え」を受取って完了です。
e発送サービスお客様控え
 使いませんが「ご利用のお客様へ」という紙に説明が書いてあります。
ご利用のお客様へ
 (この紙には、「発送伝票」は3つに切り分けるように書いてあります。)
 (店員によって、「三つ折り」か「切り分け」か対応がバラバラなところがあります。)





スマリボックス(ローソン)


 「ゆうパケット」「ゆうパケットプラス」対応。
 (「ゆうパック」は非対応 )
 設置されていない店舗もあります。





 ローソン内の「スリマボックス」を探します。
スリマボックス外観

 タッチパネルの「e発送サービス」を押します。
スリマボックスのe発送
 スマホに表示させた「ゆうゆうメルカリ便」の「QRコード」を黄色い枠内に写します。
 (画面から50cmほど離して写すとのことで、他のバーコードリーダーに比べると結構離さないと反応しません)
スリマボックスのQRコードの枠
 スマホ画面の「QRコード」を近づけます。
スリマボックスのにQRコード読取
 確認画面になるので「次へ」を押します。
スリマボックスの確認画面
 注意事項の画面になるので「同意する」にチェックを入れ、
発行する」を押します。
スリマボックスの注意事項画面
 「貼り付け用ラベル(送り状)」が印刷されます。
スリマボックスの貼り付け用ラベル印刷
 送り状を荷物に貼り、投函口に入れて下さい、とのこと。
スリマボックスの投函の説明
 印刷された「貼り付け用ラベル(送り状)」と「お客様控え」です。
スリマボックスの送り状
 裏面がシールになっているので、荷物に貼り付けます。
スリマボックスの荷物に貼り付けた送り状
 タッチパネル左下に「投函口」があります。
スリマボックスの投函口
 荷物を「投函」して完了です。
スリマボックスへゆうパケットの投函


 ※ SMARIは、「発送通知」を出しても、しばらく表示されないことが多く、他の配送方法と比べて反映が遅い印象があります。



 ※ SMARIは、ローソンと親会社の三菱商事がローソン内に設置した「アパレル返品」「レンタル返却」「フリマアプリ発送」サービスです。





ファミマ

 ファミリーマートに行きます。
ファミリーマート
 「Famiポート」を探します。
Famiポート
 「配送サービス」を押します。
配送サービス
 「QRコードをお持ちであることを確認の上、OKを押してください。」
QRコードをお持ちであることを確認
 タッチパネル下のバーコードリーダーが光ります。
Famiポートバーコードリーダー
 スマホに表示させたメルカリ便の「QRコード」を「バーコードリーダー」にかざします。
 画面の明るさを最大にすると一発で読み取れます。
QRコードをかざす
 「荷物サイズおよび運賃はヤマト運輸が店舗から回収後にサイズを測定し確定します」とのこと。
荷物サイズおよび運賃はヤマト運輸
 確認画面になります。

 指定日配達をする場合は、「お届け予定日時の選択・変更はこちら」を押します。
 (ネコポスの指定日配達は不可)
お届け予定日時の選択・変更はこちら
 希望する指定日を選択します。
希望する指定日
 続いて、希望する「お届け希望時間」を選択します。
お届け希望時間
 確認画面です。問題なければ「OK」を押します。
Famiポート認画面
 「申込券」の印刷中です。
申込券の発券
 タッチパネル下から「申込券」が出てくるので、発送する荷物と一緒にレジへ持っていきます。
レシート発券
 レジで「申込券」のバーコードが読み取られます。
ファミマレジ
 「サイト連携専用袋」を受取ります。
サイト連携専用袋
 「サイト連携専用袋」の裏面が、シールになっているので発送する荷物に貼り付けます。
サイト連携専用袋を貼る
 続いて「荷物貼付用伝票」を受取ります。
 封筒に入るように3つ折りにできるようになっています。
荷物貼付用伝票
 「専用袋」に「伝票」を入れて店員に渡します。
メルカリのファミマ発送
 お客様控えを受取って完了です。
e発送お客様控え





セブンイレブン

 セブンイレブンに行きます。
セブンイレブン
 直接レジへ行き、スマホの取引画面に表示させたバーコードを提示して、ピッと読み取ってもらいます。
レジでQRコード提示
 黄色の「専用袋」(サイト連携CVS専用袋)と「荷物貼付用レシート」を受け取ります。
セブンサイト連携CVS専用袋
 封筒の裏側はシールになっているので荷物に張り付け、「荷物貼付用レシート」を中に入れます。
セブン荷物貼付用レシート
 荷物に張り付けたら店員に渡して「お客様控え」を受取って完了です。
セブンe発送お客様控え
 「専用袋」(サイト連携CVS専用袋)はコンビニによって縦長だったり、デザインが異なります。
ヤマトサイト連携CVS専用袋





サンクス

 サンクスに行きます。
サンクス
 Kステーションを探します。
Kステーション
 「荷物を送る」を押します。
荷物を送る
 「次に進む」を押します。
Kステーション「次に進む」
 タッチパネル下に「スキャナー」があります。
Kステーション「スキャナー」
 スキャナーのフタを開けます。
Kステーション「スキャナー」のフタ
 バーコードを表示させたスマホをセットします。
Kステーションのバーコードリーダー
 「読み込み開始」を押します。
「読み込み開始」
 確認画面になります。
 問題なければ「受付票発行」を押します。

 また「お届け希望日・時間帯のご指定がある場合は、レジにてお申し付けください」とのこと。
受付票発行
 「出力された受付票を受け取り、レジにて荷物発送の受付を行ってください」とのこと。
レジにて荷物発送の受付
 また、レジで「専用袋」(サイト連携CVS専用袋)を受け取ったら「荷物貼付用レシート」を入れて荷物に貼付けてくださいとのこと。

 「終了する」を押します。
レジで「専用袋」を受け取ったら
 タッチパネル下から「受付票」が発行されるので取ります。
受付票が発行
 発送する荷物と共にレジに持っていきます。
サンクス発送する荷物
 店員がレシート(受付票)を読み取ります。
レシート(受付票)
 両面テープがついた黄色の「専用袋」を荷物に貼付け「荷物貼付用レシート」を入れます。

 「お客様控え」を受け取って終了です。
サンクス荷物貼付用レシート





郵便局

 郵便局に行きます。
江戸川郵便局
 「ゆうプリタッチ」を探します。
専用プリンタ「ゆうプリタッチ」
 スマホに表示させた「ゆうゆうメルカリ便」のQRコードを「バーコードリーダー」で読み取ります。
 画面の明るさを最大にすると一発で読み取れます。

 (小型店舗などは「ゆうプリタッチ」がない場合があるので直接窓口で提示します。)  → ゆうプリタッチ設置郵便局一覧
ゆうプリタッチのバーコードリーダー
 「伝票シール」が発券されます。
e発送サービスの料金後納差出票の発券
 発送する荷物と「伝票シール」を持って窓口に並びます。
e発送サービスの貼付用シールの提出
 窓口の局員にそのまま渡します。
郵便局の窓口
 荷物のサイズ・重量を計測した後「お客様控え」を受取って完了です。
e発送サービス受付確認票(お客様用とご依頼主控)
 土日や17時以降は、時間外でもやっている「ゆうゆう窓口」が便利です。
 → ゆうゆう窓口・集荷に関する連絡先を調べる
ゆうゆう窓口





ヤマト営業所

 「ヤマト営業所」に行きます。
ヤマト営業所亀戸7丁目センター
 「ネコピット」というiPadのような「タブレット端末」から、操作します。

 私の近所の「営業所」は、
 「メルカリの発送したいんですが・・・」と言うと、事務員の方が「ネコピット」を持ってきて、操作してくれます。

 「提携フリマサイト」を選択。
提携フリマサイト
 「2次元コードをお持ちの方
2次元コードをお持ちの方
 タブレット端末(ネコピット)の裏のカメラが起動するので、自分のスマホに表示させたQRコードを読み込ませます。
2次元コードを本体裏面のカメラにかざし、読み取り範囲内に写してスキャンしてください。
 「送り状内容確認」画面です。
 「次へ」を押します。
送り状内容確認
 「お届け希望日」を選択。(ネコポスは選択不可)
お届け希望日
 「お届け希望時間」を選択。
お届け希望時間帯選択
 「印刷」を押します。
 営業所内のプリンターから送り状が印刷されます。
送り状内容確認の印刷
 「終了する」を押します。
 送り状を持って窓口に持っていきます。

 私の近所の「営業所」では、「ネコピット」の入力以外の操作は、事務の方がほとんどやってくれます。
送り状反抗を完了致しました。





PUDO(プドー)


 「PUDO」では、「伝票」などの貼付け作業は、「ヤマト」側で行ってくれるので、何も貼らずにそのままロッカーに入れるだけで発送手続きが完了します。


 宅配便ロッカー「プドーステーション」まで行きます。
コモディイイダ設置プドーステーション
 タッチパネルで「発送」を押します。
PUDOの発送
 「バーコードをスキャンして下さい

 「15時以降は翌日の集荷となります」とのこと。

 (バーコードが読み取れない場合、下の「キーボードを使う」ボタンから、「受付番号」と「認証番号」で代用可。)
PUDOのバーコードをスキャンして下さい
 タッチパネル下に「バーコードリーダー」があります。
PUDOのバーコードリーダー
 スマホに表示させた「らくらくメルカリ便」の「QRコード」を読み取らせます。
PUDOにQRコード読み取らせ
 注意事項がいくつか出るので「OK」を連打。
PUDO注意事項
 「お届け日時」を選択します。

 (「ネコポス」の場合、「指定なし」しか選択できません)
PUDOお届け日時
 「お届け時間」を選択します。
PUDOお届け時間帯

 「ロッカーサイズ」を選択します。

 (ロッカーサイズは、横幅(44cm)、奥行き(61cm)は共通で、厚さのみ異なります。)

 厚さ: S→8.5cm、M→18cm、L→37cm

 (ちなみに「ネコポス」最大厚さ3cm、「宅急便コンパクトBOX型は5cm)  Sサイズのロッカーに余裕で入ります。

 (20年10月から「ネコポス」の厚さ上限が2.5cmから3cmになりました)
PUDOのロッカーボックスサイズ

 「荷物を入れて、扉を閉めて下さい

 (サイズ変更する場合は下の「M・Lサイズに変更」ボタンを押します)
PUDOのボックスが小さすぎます
 ロッカーの1つが自動で開きます。
PUDOのボックスが開く
 荷物を入れます。
PUDOに荷物を入れる
 を閉めます。
PUDOの扉を閉める
 「発送手続きを行います
 「OK」を押します。

 (荷物を入れずに閉めた場合は、「キャンセル」を押します。)
 (「お客様控え」が発行されないので、不安な場合は「受付番号」をメモします)

PUDOの受付番号

 「正常に手続きが完了しました
 「ご利用主控えは発行されません」とのこと。
PUDOの正常に手続きが完了しました。