NURO光のONUの種類について

NURO光のONUについて紹介します。

ONUとは

「optical network unit」。光回線終端装置のこと。
光回線を使用するために必要な装置で、
光ファイバーを通ってきた光信号を電気信号に変換したり、
LANケーブルを通ってきた電気信号を光信号に変換する装置。

ADSLでいう「モデム(modem)」(変調復調装置)に相当し、
モデムの場合は、
電話線を通ってきた音声データを電気信号に変換したり、
LANケーブルを通ってきた電気信号を音声データに変換します。
モデムにスプリッタ機能が付いていない場合は、
スプリッタに接続して音声通話データとインターネット用の
データを分離する必要があります。

また、ルーターは、モデムやONUに複数の機器を接続した際に、
ハブによって分岐された通信経路の
データの宛先や経路を管理する装置です。

NURO光のONUは、ルーター内蔵型で、
ハブで3つに分岐された有線LANポートで
3台まで有線接続可能です。
3台以上、有線LAN接続する場合は、
ハブもしくはハブ内蔵ルーターをつなげることで
使用可能になります。

NURO光のONUの特徴

表1 NURO光のONUの特徴
ルーター機能内蔵
有線LANポート3つ
無線LAN
(wi-fi)
無線は最大10台まで接続可能
初期設定設定不要ですぐ使える
下り最大速度
(ダウンロード)
2Gbps
上り最大速度
(アップロード)
1Gbps


ルーター内蔵なので、
LANケーブルやWi-Fiなどで複数の機器を接続することが可能。
LANケーブルで有線LAN接続する場合も、
3ポートまでならONUに直接繋ぐことができます。
3ポート以上の接続はハブ(ハブ内蔵ルーターでも可能)で
分岐することで接続ポートを増やすことができます。
無線LANは最大10台まで同時接続可能です。

NURO光の各ONU

表2 NURO光の各ONU
型番リリース無線速度
ZXHNF660T2015年450Mbps
HG8045j2013年450Mbps
HG8045D2016年450Mbps
ZXHN F660A2015年1300Mbps
HG8045A2016年1300Mbps


各ONUの主な違いは無線(Wi-Fi)の最大速度が違う程度で、
性能に大きな違いはありません。
私も、最新の機種を使っていませんが、
速度が遅いと感じることもありません。
また、有線接続でもそもそも450Mbpsも出ることが稀なので、
最新の1300Mbpsにしたところで高速化することは
あまりないと思います。

ONUの設置と交換について

ONUは宅内工事の際に、
宅内工事業者の方が持ってきて設置を行います。
設置の際に最新のONUに交換できないかと尋ねたところ、
倉庫にあるONUを持ってくるだけなので
宅内工事の段階で指定や交換はできないとのことです。
交換したい場合はONUの設置後にNURO光のカスタマーセンターに
電話すればいつでも交換してくれるとのことでした。