NURO光の宅内工事をした話

12月中旬、NURO光宅内工事をしました。
時間については、NURO光申し込み後、
日付と午前か午後を指定できます。
時間は1時間ほどでした。

前日に連絡が来る

工事の前日にNURO光の宅内工事業者から連絡が来ます。
私の場合は、土日を挟んだからか、
前々日の夕方ごろ電話が来ました。
夕方にかけているのはその日の工事が終わった後、
電話しているのだと思います。
電話の内容は、明後日の午後3時~4時に
宅内工事をするとのことでした。

NURO光の宅内工事業者の到着

NURO光の宅内工事業者の車両
当日、宅内工事業者が到着しました。
3時~4時とのことでしたが、
来たのは午後3時半ごろでした。
たまたま外にいた時に、
「〇〇さんのお宅でしょうか?」
「so-net(NURO光)の宅内工事に伺いました。」
という感じでした。
ハシゴ(脚立)を積んだワゴン車1台、
人数は1人でした。
高所作業車が来ると思っていたのですが
来ませんでした。

光ファイバーを引き込む場所を決める

アウトレットパネルを開ける
光ファイバーをどこから通すから決めます。
通常、
「電話線の配管(電話線の差込口)」、
「エアコン穴」、「壁の穴あけ」のどれかです。
窓から通したという例もあるそうです。

要は、外から光ファイバーというヒモを
室内に通すことができればどこでもいいです。

私は、玄関のすぐ横の
モジュラージャック(電話線の差込口やコンセントのある部分)
から通すことを想定していたのですが、
業者の方がコンセント(アウトレット)のフタを
カパッと外し、中のコンセントの箱のネジを外し、
中を確認したところ、
電話線が直接埋め込まれており、
ここから光ファイバーを通すことは無理とのことでした。

仕方なく、使われていないエアコン穴を指定しました。
たまたま使われていない穴があっただけで、
使われているエアコン穴でも通せます。
業者の方はエアコンの位置をあらかじめ知っていたので、
来てすぐ一通り確認したようです。

一応賃貸なので、光コンセントの位置を
いつでも変えられるようにねじ止めしないでほしいと
伝えました。

光ファイバーの引き込み

光ファイバーを外から宅内に引き込みます。
エアコン穴付近にハシゴをかけて宅内に通しました。
エアコン穴から光ファイバー
写真の矢印部分が元々エアコン室外機が設置されていた場所です。
室外機と室内機を繋ぐ配管に光ファイバーを通しています。
エアコンが設置していても、冷媒などが入ったホースと
平行に光ファイバーを一緒に通すだけなので簡単に通せます。
ちなみにこの穴から2FにLANケーブルも通しています。
エアコンの場所
光ファイバーが入ってる箱みたいです。
NUROの光ファイバー
宅内に戻り、
外から通した光ファイバーを引っ張り、
長さを決めます。
高いので小型の脚立に上って作業しています。
たまたまゴミ屋敷化した部屋の床に
ダンボールを敷いていたのでいいですが、
フローリングなら養生シートを引いてくれると思います。
宅内から光ファイバーを引っ張る
部屋の壁に沿って光ファイバーを
取り付けた時の長さ分、引っ張ります。
ゴミ屋敷化した部屋なのでおおざっぱに
長めに引っ張っています。
一応、賃貸なので場所を後から変えられるように
光ファイバーの固定はしていません。
壁の角に沿って固定してほしいと言えば
やってもらえると思います。
その場合は、作業しやすいように
ゴミ屋敷の掃除をしておいた方が良さそうです。
光ファイバーの長さ調整
光ファイバーの宅内への引き込みの完了し、
長さが確定しました。
光ファイバーの暫定的長さ

屋外部分の補強

再び屋外に出て光ファイバーの長さを決めます。
光ファイバーを手繰り寄せる
光ファイバーを適度な長さにカットしたようです。
下に落ちている線が光ファイバーです。
光ファイバーを調整
黒いゴムのチューブのようなものを出してきて
中に光ファイバーを通しています。
屋外に露出する部分を補強するためだと思います。
光ファイバーを黒チューブで補強
光ファイバーを黒チューブに通しています。
黒チューブに通す
黒チューブに光ファイバーを通し終えました。
光ファイバーの補強完了
矢印の線が黒チューブです。
赤丸で囲った部分はエアコン穴です。
宅内から伸びる光ファイバー
エアコン穴にパテのようなものでフタをしています。
宅内側からもパテでフタをしているので、
雨風が入ってくることはないとは思いますが、
念のためでしょうか。
エアコン穴をパテ詰め

光キャビネットの設置

光キャビネットを設置します。
ハシゴをエアコン穴の位置から、
電話関係のBOXのある位置に移動しました。
矢印で示した位置に光ファイバーがあります。
黒チューブで補強した部分から先は
白い光ファイバーが見えています。
NUROの光キャビネット設置
電話関係の箱のすぐ横に光キャビネットを設置します。
光キャビネット用の穴開け
光キャビネットの箱を当てて、ネジ穴部分に
合わせて壁に穴開けしています。
壁に穴開けするというと特に賃貸だと嫌な感じがしますが、
すでにいろいろなものが設置されており、
穴だらけなので今更心配することはないと思います。
また、撤去を依頼する場合は穴埋めもしてもらえます。
光キャビネットに合わせて穴あけ
ネジ穴の位置が確定したので、ドリルで直で穴開けしています。
壁に直接穴開け
ドリルの先端にネジをつけて光キャビネットの箱を
壁に固定しました。
ドリルにネジの設置
光キャビネットの箱を設置し終えたので、
光ファイバーを補強した黒チューブを付けます。
赤丸で囲った部分は光ファイバーの先端です。
まだ長すぎる気がしますが。
光ファイバーの巻き付け
光キャビネットの箱に余った光ファイバー部分を
巻いているようです。
余った光ファイバーの巻き付け
巻いたのか、カットしたのか、
光ファイバーの先端が短くなってきました。
光キャビネットの先端
先端部分を加工しています。
赤丸で囲った部分が先端です。
コネクタみたいになるのでしょうか。
光キャビネットにコネクタ設置
先端部分の加工が終わったので
光キャビネットに収納しました。
光キャビネットへ収納

光キャビネット設置完了

光キャビネットの設置完了です。
スマホで写真を撮っているようです。
設置が適切に行われたことを記録として残し、
NURO光に報告する必要があるのでしょうか。
光キャビネット設置報告
フタをしました。
あとでもう1度いじりますが、一応設置完了です。
光キャビネットのフタ
ちなみにこちらが光ファイバーを通したエアコン穴です。
パテで詰めてあります。
もともとプチプチをまるめて詰めてただけだったので
雨風が入らなくなりました。
パテ詰めしたエアコン穴
全体図です。
右側の使われていないエアコン穴を通して
宅内から外に出た光ファイバーを
屋外に露出した部分を黒チューブで補強し、
左側の電話関係の箱の真横に設置した光キャビネットに
収納されました。
NUROの光キャビネット

光ローゼットの設置

宅内に戻り光ローゼットの設置を行います。
写真の赤丸で囲った部分が光ファイバーの末端です。
まだ何も加工されていない状態です。
宅内側の光ファイバー
何やらペンのような道具を使っています。
光ファイバー加工道具
ペンのような道具で光ファイバーの被覆を剥いだのでしょうか。
さらに細い先端部分が見えます。
光ファイバーの被覆を剥ぐ
いろんな道具があります。
右側のダンボール箱にはNURO光のONUが入っています。
ADSLでいうところのモデムです。
巻いてある白いケーブルがONUと光ローゼットを繋ぐコードです。
その下の長方形の箱が光ローゼットです。
上の道具は加工に必要なものなのでしょうか。
NURO光宅内工事業者の道具
ホッチキスみたいな道具で先端を挟んでいます。
光ファイバーを挟む道具
何やら取り付けています。
ライトで照らしながらやっているので白く反射しています。
光ファイバーの先端加工
何かを引っ張っています。
何をどう加工しているのかわかりません。
光ローゼットのフタの加工
光ファイバーの先端の加工が終わりました。
先端にコネクタのようなものが取り付けられました。
光ローゼット側のコネクタ
光ローゼットの白い箱に光ファイバーの先端が収納されました。
光ローゼットにコネクタ設置
光ローゼットの箱のフタを何やらいじっています。
光ローゼットのフタの加工
緑色の装置が登場しました。
画像からは読み取れませんが、
「CW 270 2KHz Light Source」と書かれています。
光を入力する装置なのでしょうか。
Light Source の入力装置
緑色の装置のコードに、ONUと光ローゼット間で使う
白いコードを繋げています。
Light Source と結合
緑色の装置と白コードが繋がれています。
Light Source と白コード
何やら計測装置に繋げています。
光回線出力の計測装置
何かを計測中。
緑色の装置からの光の出力を測っているのでしょうか。
光回線の出力を計測
光ローゼットに白コードを繋ぎました。
光ローゼットとケーブル
緑色の装置から外の光キャビネットまで一続きひと続きになりました。
Light Source から光キャビネットに接続
いろいろ散らかっています。
NURO光宅内工事の過程

屋外作業完了

再び屋外に出ました。
先ほど使っていた計測装置を光キャビネットに
収納された光ファイバーの先端に差して、
何かを計測しています。
宅内にある緑色の装置から、光ファイバーを通じて
光を入力し続けて、末端から末端まで
減衰せずに届いていることを確認しているのでしょうか。
計測を終えるとフタを閉じてハシゴを外しました。
光キャビネットの出力計測
ハシゴを近くの電柱にかけて登っています。。
屋外工事の電柱に登る
電柱の何かの写真を撮っています。
後日、NURO光の屋外工事で登る電柱です。
電柱の位置を屋外工事業者に連絡するのでしょうか。
屋外工事の電柱番号を撮る
屋外での作業は終了です。
ハシゴをワゴン車の上に乗せて片付けました。
宅内工事業者の車両とハシゴ

NURO光のONUを設置

いよいよONUの設置です。
ダンボールを開けています。
NURO光の箱
ONUと電源ケーブルが取り出されました。
機種はNURO光専用のONUで「HG8045j」でした。
最新の機種ではないやつです。
最新機種との違いは、wi-fiが1300Mbps出るのと、
450Mpsまでしか出ないかです。
有線でも150Mbpsぐらいなので、
どっちでもいいという感じです。
NURO光のONU
宅内工事業者の方に最新機種はないかと聞くと、
倉庫にあるやつを持ってくるだけなので
今はこれしかないが、NURO光のカスタマーセンターに
wi-fiが速い機種にしたいと電話すれば
交換してくれるとのことでした。

使い続けてから壊れてないけど、
交換したいなって思ったら、
wi-fi速度を速くしたいという口実で
NURO光のカスタマーに電話して交換してもらえると
思えば、むしろ旧式が来てラッキーだったのかもしれません。
ONUの設置はこれで完了です。
NURO光ONUの設置完了

屋外工事の予約など

最後に工事が適切に行われたかについて
チェックリストを書かされました。
写真では見えませんが、
「NURO光 宅内工事 工事完了書」などと書かれています。
ONUは設置されました、などの簡単なチェック項目に
レ点を入れるだけです。
NURO光 宅内工事 工事完了書
宅内工事業者の方のスマホから、
後日行われるNURO光の屋外工事の予約を取ります。
矢印で示した白い紙は予約した屋外工事の
日付などを書いて渡されます。
当日、ONUの電源を入れてくださいなどの
注意事項が書かれています。
下の黒い紙がONUのクイックガイドです。
屋外工事が終わっていないのでまだ使えませんが。

屋外工事の予約は1週間後の午後に取れました。
宅内工事業者の方のスマホ端末から予約を取った後、
青い養生シートなどを片付けて帰って行かれました。
NURO光屋外工事の予約

設置完了

設置されたNURO光のONUです。
矢印の箱はAC電源アダプタです。
奥の方から白い線が巻いてあるのが、
光ファイバーです。
ONUの下に敷いてるダンボールは、
邪魔なら捨てて構いませんとのことでした。
NURO光のONUを乗せたダンボール
宅内から見たエアコン穴の部分です。
白い線が光ファイバーです。
LANケーブルも映ってますが、2Fに引っ張ってる
LANケーブルなので関係ありません。
宅内からパテ詰めしたエアコン穴
ONUと光ローゼットです。
場所を移動できるように固定しなくていいと
言ったので固定されていません。
光ローゼットの裏に両面テープが台紙ごと貼ってありました。
NURO光のONUとローゼット
これで1時間ほどのNURO光の宅内工事は終了です。
1週間後の屋外工事を待つだけです。