LavieL570を再セットアップする

PCの不具合などを解決する手段として 工場出荷時の状態に戻します。
メーカーによってリカバリを再セットアップと呼ぶこともあります。
リカバリ領域がない場合はリカバリディスクを使います。
リカバリディスクの場合は、電源を入れたらすぐに
DVDドライブのボタンを押してリカバリディスクをセットすることで開始できます。
リカバリ領域からリカバリする方法を DtoD(Disk to Disk)と呼ぶこともあります。

再セットアップ

ノートPC(LavieL570)の電源を入れNECのロゴマークが
現れたら「F11」ボタンを押します。反応がなければ何度も押します。
他のメーカーや機種の場合、「F10」だったり「F12」だったりします。
このPCの場合は、「F11」で「再セットアップ」が開始されます。

今回は使いませんが、「F8」で「windowsブートマネージャ」が開きます。
「windowsブートマネージャ」は、
「セーフモードで起動」や「前回正常起動時の構成」
「システム回復オプション」を開くことができます。

「再セットアップ」を押します。
「再セットアップ」ボタンにカーソルを載せると説明が出ます。

説明の拡大です。

次に「Cドライブのみ再セットアップ」を選択します。
下の「Cドライブの領域を自由に作成して再セットアップ」を選ぶと、
Dドライブのサイズを変更して、Cドライブの容量を増やしたり減らしたりできます。
この場合、Dドライブのデータは消えます。

説明文の拡大です。1時間ほどかかると書いてあります。

確認画面が表示されます。「はい」を押します。

拡大画像です。

再セットアップが開始されます。
このPCでは20分ほどで終わりました。

「再起動」を押します。

再起動すると、「windowsのセットアップ」画面が出ます。
国や時間の設定、キーボードのレイアウトが表示されるので、
そのまま「次へ」を押します。

「ライセンス条項」が表示されます。
「ライセンス条項に同意する」にチェックを入れて「次へ」を押します。

「ユーザー名と画像の選択」画面です。
管理者アカウントの名前になります。
後から変更できるので適当に名前を入力します。
パスワードを設定したい場合はパスワードも入力します。

「コンピュータ名」と「デスクトップの背景」を選択します。
任意の名前と画像を選択して「次へ」を押します。

windowsの設定画面です。
「推奨設定を使用します」
「重要な更新プログラムのみインストールします」
「後で確認します」のいずれかを選択します。

ネットワークの設定です。
「家庭」「職場」「公共の場所」のいずれかを選択します。
プロバイダの設定や同じネットワーク内の検索する場合は、
「家庭」を選択した方が便利です。

windowsの設定は終わりです。
「開始」を押します。

NECの設定が始まります。
NEC側で必要なソフトなどが自動でインストールされます。
30分ほどかかります。