ロリポップサーバーを契約した話

ロリポップレンタルサーバーの契約やアップロードについて。

 目次
ロリポップレンタルサーバーについて
ロリポップレンタルサーバーを申し込む
ロリポップの支払いを行う
支払い完了・領収書の発行
ロリポップFTPでアップロード


Sponsored Link

ロリポップレンタルサーバーについて

大手どころのレンタルサーバーは、
月額1000円クラスでは、「エックスサーバー」、「ヘテムルサーバー」。
月額100円クラスでは、「ロリポップ」、「スターサーバー」、「さくらのレンタルサーバー」 が有名です。
レンタルサーバー業者はものすごくたくさんありますが、
選ぶのがめんどくさければ、有名どころを使っておけば間違いないかと思います。

以下の表はロリポップの各プランについてです。

表 ロリポップレンタルサーバーの各プランについて
プラン料金容量ファイル
数上限
転送量共有
SSL
WordPress
エコノミー100円10GB10万40GB/日××
ライト250円50GB30万60GB/日
スタンダード500円120GB50万100GB/日
エンタープライズ2000円400GB100万無制限

どのプランも1ヶ月から契約可能で、
初期費用が1500円(エンタープライズのみ3000円)かかります。
また、どのプランもダウングレードができません。
(スタンダードプランからエコノミープランへ変更など)
ダウングレードは月額1000円クラスのサーバー業者ならできることが多いですが、
数百円クラスのレンタルサーバー業者ではどこもダウングレードはできません。
上位プランへの変更は無料で行えますが、
現在のプランの月額料金とアップグレード後の月額料金との差額を
残り契約期間分を支払う必要があります。

ワードプレスを使う場合は「ライトプラン」から、
それ以外は「エコノミープラン」から始めて、
問題があれば後からアップグレードすればいいかと思います。

ロリポップレンタルサーバーを申し込む

ロリポップレンタルサーバー のトップページです。
「お申込み」を押します。
ロリポップレンタルサーバーのトップページ
使いたいプランを選んで「選択する」を押します。
WordPressなどのブログを使う場合は、PHPという機能が必要なため、
「ライトプラン」以上が必要です。
ロリポップのプラン選択
アカウント名と、ロリポップ内のドメイン、パスワードを決めます。
ログインする際もここで決めた3つの情報が必要になります。
全て入力したら「お申込み内容入力」を押します。
ロリポップのお申込み内容入力
ちなみに「ロリポップのドメイン」を押すと、
ロリポップ内のドメインが好きなものを選べます。
独自ドメインなどを特に設定しない場合は、
「http://www.アカウント名.ロリポップのドメイン/」が
あなたのwebページのURLになります。
ロリポップのドメイン選択
「お申込み内容入力」画面になります。
法人or個人、氏名、住所、電話番号を入力します。
ハガキが届いたり、電話が掛かってきたことは、
今までなかったので適当で大丈夫だと思います。
氏名のみ、後から変更不可なので注意が必要です。
(支払いの段階で名義が一致しないなど)
「サーバー移行ですか?」という項目はどちらでもいいです。
ロリポップのお申込み内容入力
確認画面になります。
「利用規約・プライバシーポリシーに同意します」にチェックを入れ、
「無料お試し開始」を押します。
利用料が支払われるまで全員お試し期間という扱いです。
ロリポップの利用規約・プライバシーポリシー
これで申し込み完了です。
支払いが行われるまで、無料お試し期間(10日間)という扱いなので、
「ユーザー専用ページ」から10日以内に支払いを行います。
いつ契約しても10日分は無料で付くので、
10日目ギリギリに契約した方がお得とか損とかは関係ありません。
ロリポップの申し込み完了画面

ロリポップの支払いを行う

まずは、「ユーザー専用ページ」へログインします。
ロリポップのトップページの
「ログイン」→「ユーザー専用ページ」を押します。
ロリポップのトップからのログイン
「ユーザー専用ページ」のログイン画面になります。
アカウント名、ロリポップのドメイン、パスワードを入力します。
ユーザー専用ページログイン画面
「ユーザー専用ページ」になります。
左のメニューから
「契約・お支払い」→「サーバー契約・お支払い」を押します。
ロリポップのユーザー専用ページ
「サーバー契約・お支払い」のページです。
「ご契約内容一覧」の項目の「お支払い」を押します。
ロリポップのサーバー契約・お支払い
「料金お支払い」のページになります。
「プラン」、「契約期間」「お支払方法」を選択して、
「契約を確定する」を押します。
ロリポップサーバーの料金お支払い
例えば、支払い方法を「コンビニ決済」を選ぶと、
コンビニ一覧が表示され選択できるようになります。
また、コンビニ支払いの場合、手数料が162円かかります。
「クレジットカード」を選んだ場合は、
クレカ番号などの設定画面に飛ぶので支払いを行ってください。
ロリポップサーバーのコンビニ決済画面
コンビニ支払いで「確定」した場合は、
こちらの画面になるので、「アドレス」という項目の
URLをクリックします。
ロリポップサーバーのコンビニ払いのアドレス
例えばローソンを選択した場合は、
「受付番号」と「確認番号」が表示されるので、メモしてから、
コンビニの端末(ローソンの場合はLoppiという赤い機械)で入力して、
端末から出力されたレシートをレジに提示して支払いを行ってください。
ローソンのLoppi支払い画面

支払い完了・領収書の発行

支払いを終えると、先ほどの「サーバー契約・お支払い」のページで、
「契約終了日」が表示され、
「入金状況」が「入金確認済み」になります。

「お試し期間」の「契約終了日」が21日で、
本契約の「契約開始日」が22日になっています。
実際、私が入金を行ったのが15日ですが、
「お試し期間」を使い切ってからの契約開始という形になっており、
お試し期間10日目ギリギリに契約した方がお得とか損とかは
関係がないことがわかります。

また、「領収書」の項目の「発行」ボタンが押せるようになります。
発行は、入金1ヶ月以内に1回のみ行えるとのことです。
サーバー契約・お支払いの完了画面
「発行」を押すと「領収書は一度しか発行できません」
というポップアップが出ます。
ロリポップのポップアップ
PDF形式で領収書がダウンロードされます。
ロリポップレンタルサーバーの領収書

ロリポップFTPでアップロード

「ユーザー専用ページ」の
「サーバーの管理・設定」→「ロリポップFTP」を開きます。
ロリポップのサーバーの管理・設定
「ロリポップFTP」が開きました。
ためしに、アップロードのアイコンを押してみます。
ロリポップFTP
アップロード画面になります。
「ファイルを選択する」を押すと、
自分のPC内のファイルを選択できるようになり、
続いて、「アップロードする」を押すと、アップロードが完了します。
ロリポップFTPのアップロード画面
「index.html」というファイルをうpしてみました。
「URL」という欄にあるアドレスをコピーして、
ブラウザのアドレスバーに入力してみます。
ロリポップFTPのURL
URLのアドレスにアクセスして、
無事アップロードされていることを確認できました。
ロリポップFTPのアップロード確認