ペイントで縦文字を書く(win10)

20/07/19 更新

 ペイントは、英語圏のマイクロソフトのソフトだからか、横文字がデフォルトで、縦文字機能がないので、ひと手間必要です。


Sponsored Link

ペイントで縦の文字を書く

 文字入力モードにします。
ペイントの文字入力モード
 普通に入力すると「横文字」になります。
ペイントの文字入力
 文字フォントの選択欄で、フォント名の先頭に「@」(アットマーク)を入れます。
ペイントのメイリオ文字
 すると、横向きの縦文字入力になります。
ペイントの横向きの縦文字
 選択モードにします。
ペイントの選択モード
 先ほどの文字を範囲選択します。
ペイントの範囲選択
 選択モードのボタンの「▼」を押して出てくるメニューの「透明の選択」にチェックを入れます。
ペイントの透明の選択
 すると、選択範囲の白い部分が「半透明」扱いになり、移動させても他の絵と重ならなくなります。
ペイントの選択範囲の透明
 続いて、先ほどの文字をなるべく正方形型に範囲選択します。
ペイントの文字の範囲選択
 回転モードにして「右へ90度回転」を押します。
ペイントの右へ90度回転
 無事、縦向きの「縦文字」にすることができました。
ペイントの横文字の完成
 ちなみに先ほど「なるべく正方形型」と書きましたが、「長方形型」に選択して「透明の選択モード」の状態で回転すると、なぜか下半分が消えるバグ?があるようです。
 (回転対称でない部分が消える?)
ペイントの非回転対象部分が消える
 以上です。