ペイントで波線もどきを描く

ペイントで波線もどきを描きます。

 目次
波線を1つ描く
長い波線にする
他の画像に張り付ける


Sponsored Link

波線を1つ描く

正円を描きます。(楕円でもいいんですが)
ツールボックス内の図形の円形を選び、
キャンバス内で「Shift」を押しながらドラッグします。
ペイントの正円
適当に円の上部を選択して切り取ります(ctrl+x)。
ペイントの選択
貼り付けます(ctrl+v)。
残ったヤツは消しちゃいます(選択 & Delete)。
ペイントの部分選択
もう1回貼り付けて(ctrl+v)、
右にスライドします(→)。
ペイントのスライド
そのまま、ツールボックスの「回転」を選び、
「180度回転」を行います。
ペイントの180度回転
180度反転した半円になりました。
ペイントの180度回転結果
選択で半円を選ぶと、
白い余白部分まで選んでしまうため、
白い余白部分は透明にします。
「選択」の「透明の選択」を押します。
ペイントの透明の選択
余白部分が透明になったので、
左にスライドしていっても(←)、
余白部分が重なりません。
ペイントの透明の選択で重ならない
「虫眼鏡」で拡大して、
半円のギザギザ(エイリアス)を見ながらちょうどいい感じに、
矢印キーでスライドして行き、2つの半円をくっつけます。

(画像の状態で、「虫眼鏡」を押してしまうと、
選択範囲が解除されてしまい、
再び選択しなければいけませんが、
2つの円を近づけすぎてしまっていて、
選択しずらいため、
ペイントの一番上の段の青い矢印ボタンで、
1つ前の状態に戻すと、選択しやすいです。)

ペイントの虫眼鏡ツールと戻るボタン
いい感じのsin波のような波線もどきができました。
ペイントの波線もどき

長い二重波線にする

全選択した後(ctrl+A)、
コピーして(ctrl+C)、貼り付けて(ctrl+V)、
下にスライドします(↓)。
ペイントの二重波線
再び、全選択した後(ctrl+A)、
コピーして(ctrl+C)、貼り付けて(ctrl+V)、
今度は右にスライドします(→)。
ペイントの全選択からの延長
同じように、全選択(ctrl+A)、
コピーして(ctrl+C)、貼り付けて(ctrl+V)、
右にスライドします(→)。
ペイントの波線延長
繰り返して、倍々に伸ばしていきます。
ペイントの倍々伸ばし
「名前を付けて保存」して完成です。
ペイントの名前を付けて保存

他の画像に張り付ける

デスクトップに、波線の「無題.png」と、
波線を加えたい画像「aaa.jpg」があったとします。
デスクトップのjpg
波線を加えたい画像をペイントで開きます。
ペイントで開いた画像
波線画像をペイントで開きます。
全選択して(ctrl+A)、コピーします(ctrl+C)。
ペイントで開いた波線画像
波線を加えたい画像を開いているペイント上で、
貼り付けをします(ctrl+V)。
ペイントで他の画像に張り付け
余白の白い部分まで貼り付けてしまっているので、
「選択」、「透明の選択」を押して、余白を透明にします。
ペイントの透明の選択で消す
無事、波線のみを張り付けることができました。
ペイントの波線の貼り付け完了